交通事故の慰謝料

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

慰謝料の中でも特別なものとして交通事故被害による慰謝料があります。こちらは被害額が高額になりやすいです。日常生活に影響のあるほどの怪我をしてしまったり、最悪の場合は被害者が死亡してしまうこともあるからです。そのため慰謝料を請求する際にはできるだけ高額なお金を受け取ることが重要となるでしょう。

そんな交通事故被害による慰謝料の決め方としては3つの基準が存在しています。それは自賠責保険基準と任意保険基準、裁判基準です。このうち自賠責保険基準が最も安くて、次に任意保険基準、そして一番高いのは裁判基準となっています。それぞれの基準ごとに相場は異なっているのです。そのため最も高額な慰謝料を受け取りたいならば裁判基準にしたがうことが大切です。裁判基準というのは過去の裁判の判例に基づいて決められます。弁護士に慰謝料請求の交渉を任せると、基本的に裁判基準を基にして条件の交渉をしてくれるのです。そのため高額な慰謝料を引き出してくれるでしょう。

慰謝料というのはいつも被害者の希望通りになるとは限らないのです。あくまでも両者が交渉をしてお互いに納得しなければ決まりません。そのためどうしても示談が成立しない場合には裁判をすることになるのです。