交通事故の慰謝料

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

慰謝料の中でも特別なものとして交通事故被害による慰謝料があります。こちらは被害額が高額になりやすいです。日常生活に影響のあるほどの怪我をしてしまったり、最悪の場合は被害者が死亡してしまうこともあるからです。そのため慰謝料を請求する際にはできるだけ高額なお金を受け取ることが重要となるでしょう。

そんな交通事故被害による慰謝料の決め方としては3つの基準が存在しています。それは自賠責保険基準と任意保険基準、裁判基準です。このうち自賠責保険基準が最も安くて、次に任意保険基準、そして一番高いのは裁判基準となっています。それぞれの基準ごとに相場は異なっているのです。そのため最も高額な慰謝料を受け取りたいならば裁判基準にしたがうことが大切です。裁判基準というのは過去の裁判の判例に基づいて決められます。弁護士に慰謝料請求の交渉を任せると、基本的に裁判基準を基にして条件の交渉をしてくれるのです。そのため高額な慰謝料を引き出してくれるでしょう。

慰謝料というのはいつも被害者の希望通りになるとは限らないのです。あくまでも両者が交渉をしてお互いに納得しなければ決まりません。そのためどうしても示談が成立しない場合には裁判をすることになるのです。

慰謝料の種類

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

さまざまなケースで慰謝料のやり取りが行われます。どのようなケースがあるのか紹介しましょう。まず不倫や浮気をされた場合に発生する慰謝料です。不倫をした配偶者やその浮気相手に対して慰謝料を請求することができます。夫婦には貞操義務があるため、不倫や浮気というのは不法行為となるのです。そのため責任を果たすために慰謝料を支払わなければいけません。

結婚をする約束をしていたのにそれを不当な理由で破棄した場合には、破棄した相手に対して慰謝料を請求することができます。これも不法行為に該当するのです。婚約というのは婚姻をすることを予約したという契約をしたとみなされるのです。これが破棄されたということは契約不履行となったということであり、それが正当な理由だと認められない場合には慰謝料の請求ができるのです。

名誉毀損による慰謝料の請求はよく話題になることが多いです。その事実を公開されたり公表されたことによって社会的な評価が低下したと判断された場合に発生します。暴行や傷害に関する慰謝料の請求もあります。他にもセクハラや性犯罪、交通事故の被害などにおいても慰謝料が発生します。特に交通事故の場合は死亡者がいるケースがあるため、この場合の慰謝料はかなりの額となります。

いろいろな慰謝料

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

慰謝料はいろいろなところでよく耳にする言葉でしょう。実際に慰謝料を請求したことがないという方はたくさんいるでしょうが、なんとなくこの言葉の意味は多くの方が知っているものです。慰謝料とは精神的な苦痛を受けた場合に対して支払われるお金のことです。慰謝料はさまざまな場面で支払われることがあります。名誉毀損や人身事故、医療ミスなどいろいろなケースにおいて加害者側が被害者側に対して慰謝料を支払うのです。この慰謝料に納得できなくて裁判にまで発展するケースもあります。双方が弁護士を雇って交渉をすることが多いです。何らかのトラブルに巻き込まれてしまえば、慰謝料を支払ったり、あるいは請求する立場になってしまうかもしれないでしょう。そのため現代社会の一員として慰謝料のことについては深く知っておくことが大切です。

慰謝料はさまざまなケースで発生します。それぞれの状況や事情によってその額は変化します。そのためいろいろな種類の慰謝料が存在していると考えて良いでしょう。少額の慰謝料だけが支払われるケースもあれば、死亡者が出ているような場合にはかなり高額な慰謝料が発生するケースもあるのです。それを保険会社が負担していることも多いです。

こちらではそんなさまざまな慰謝料について情報を提供しましょう。これまで漠然としか理解していなかった慰謝料についてもっと詳しくなれます。素人でも分かりやすい説明をしましょう。ぜひとも参考にしてください。